不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買フランチャイズの契約書の内容と注意点とは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/14

不動産売買の会社を始めたい人やすでに始めている人にとって、成功するにはどのような不動産屋にしたら良いか考えると思います。お客様が相談しやすく、気軽入りやすい店舗を目指すにはどうしたら良いでしょうか。方法は様々ありますが不動産フランチャイズに加盟することも一つの方法で個人での起業に比べ成功率が上がりやすくなります。

不動産売買のフランチャイズとは

不動産売買フランチャイズとは本部企業に加盟して不動産業を営むことです。本部の企業が経営の方法や社名を加盟店に使用させる代わりに、加盟店の企業がロイヤリティや加盟金を支払う仕組みです。個人で起業する場合と比較しても、いくつかのメリットを得ることができ成功する可能性が高いです。

事業を運営するノウハウがない人や初めて起業する人でも、経営を一から教えてもらえるので、起業をスムーズに進めることができます。また、本部の企業の知名度が使え起業をスタートした時点でも集客力があり、顧客を獲得しやすいです。

本部の持っている最新のシステムを活用できることももう一つのメリットで、個人企業で最新技術を取り入れるコストや手間を省くことができます。新しい物件の開発やメディアなどへの宣伝も本部の仕事なので、店舗の売り上げを上げることに集中でき、売り上げが上がれば店舗の収入も上がります。開業資金の銀行からの融資も受けやすく、開業資金の一部を本部が負担してくれる場合もあり安心です。

加盟する際は信頼性やブランドイメージの良い企業を選ぶことがとても重要で、口コミや評判だけではなく企業の業績や世間からのイメージを調べましょう。大手や有名なことだけで選ぶのではなく、信頼がある企業なのかをよく考えることが大切です。

そしてブランドイメージだけではなく、企業の戦略やサポート内容もチェックしてどのように売り上げを上げていくかを瞬時に示してくれる企業であることが重要です。

不動産売買フランチャイズの契約書の基礎知識

フランチャイズでビジネスを始める時に、避けて通ることができないのが契約です。良い状態で事業をスタートさせるには契約書の内容を十分理解しておくことが大切です。

契約書は本部の企業が提供する商標使用や経営方法などと、加盟店が守らなければならない内容を書面にしたものです。フランチャイズは業種や事業形態によって異なり、契約書の内容にはたくさんの項目が盛り込まれています。

一般的には目的や契約期間、商標使用の承諾やテリトリー制、保証金やロイヤリティ、中途解除や損害賠償そして契約終了後の措置など、このほかにも企業によって必要な項目がたくさんあります。契約書を見慣れていない人は、記載内容の多さに驚くことでしょう。

実際の契約書にはどのような内容の文面が記載されているのか、契約書の雛形などを手に入れてチェックしておくと良いでしょう。それらの内容が理解できず不安がある場合は、楽観的に判断せず調べてみたり専門家の力を借りることがおすすめです。

フランチャイズの契約は、本部と加盟店が対等な関係で結ばれるべきもので、契約する際に起きる可能性があるリスクについて想定しておきましょう。少しでも疑問や不安があれば納得いくまで確認することが重要です。

契約書の説明から協定が結ばれるまで、1週間以上の検討期間をおくことが定められているので、焦らずにゆっくり時間をかけて検討するようにしましょう。

フランチャイズ契約書の注意するべき点は

不動産売買フランチャイズの契約にあたっての注意点は、トラブルが起こってしまわないためにも契約書の内容は、十分把握して確認を怠らないようにすることです。

まず確認しなければならない注意点は契約期間の算出方法です。契約が結ばれた日とオープンの日のどちらを起点とするのかで、必要になる資金が変わってきます。

契約期間満了後の更新についても注意が必要で、自動で更新されるのか手続きが必要なのか、更新料の有無なども重要なことなので確認が必要です。商標の使用条件も不正利用問題につながるので確認しておきましょう。

特定の地域で、他の加盟店や本部の直営店の開業を制限するテリトリー制というものがあり、この制度を採用していないところもあるので、本部の説明を受けることが大事です。テリトリー制は様々な内容があり、条件が一定ではないので事業に大きな影響を与えます。

多くのフランチャイズの場合、加盟店が仕入れる商品や材料などは本部で指定され、要求が許容範囲を超えると営業に悪い影響が出てしまいます。加盟店にとって不利な内容が含まれないようにしましょう。

ロイヤリティは主に3つの形があり定額方式・売り上げ比例方式・利益分配方式です。ロイヤリティとは加盟店が本部に支払う毎月の使用料のことで、売上金や利益に応じて算出方法が変わることもあるので十分に確認が必要です。

 

フランチャイズ契約は、伸び続けている一方でトラブルが起きることが多く、様々な内容のトラブルがあります。本部に言われた通りのことだけやっていれば良いだろうと思わず、自分自身の経営力を身に付け、責任をもって事業を行うことが成功のポイントです。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧