不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買フランチャイズの契約の流れと注意点

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/04/06


不動産売買をする場合には、自力で行うこともできますが初心者の場合はなかなかうまくいかないケースが多くなります。なぜなら、初心者が不動産売買を行ったとしても、信用がないからです。しかし、不動産売買をする場合でもフランチャイズの仕組みを利用すれば容易に始めることができます。そのためには、契約の流れを知っておきましょう。

フランチャイズの契約をする前に知っておきたいこと

不動産売買のフランチャイズ契約をする場合には、その前の段階でいくつかアクションを起こしておかなければいけません。まず、どのフランチャイザーを選ぶかはとても重要になります。フランチャイザーによっては、良心的なところもあればお金儲けのことしか考えていないところもあるでしょう。

そのため、思いつきで選んでしまうと後で後悔することになりかねません。そのためには、いくつかのフランチャイザーをよく比較することが必要です。

この時知っておきたいポイントの1つは、ロイヤリティーがどのようになっているかです。ロイヤリティーは、フランチャイザーによってずいぶん異なります。それは、ロイヤリティーの額が違うだけでなく仕組み自体が違うケースもあるわけです。たとえば、その月の売り上げに対して20%だけロイヤリティーが発生するケースもあれば、毎月定額で発生するケースもあります。

前者の場合には、初期の頃は大きな負担になりますが、ある程度流れに乗ってくるとそこまで大きな負担になりません。これに対して後者の場合、初期の頃は金銭的な負担になりませんが、ある程度流れになってくると支払う金額が増えるわけです。

この違いを確認しておくだけでも随分と違う結果になり得るわけです。それ以外でも、良心的な教育をしてくれるかなども重要です。いい加減な教育しかしないところでは、多くのことを学ぶことができません。

できるだけ説明会に参加すること

不動産売買のフランチャイズ契約を結びたいならば、詳しいことをホームページなどで調べることが大事です。しかし、ホームページに掲載されている情報がすべてではなく、その情報は全体のごく一部分と考えておいた方がよいです。中には、都合のよい事ばかり書いてあるところもあるためその情報だけでは判断材料として不充分になります。

この場合には、フランチャイズの方で開催している説明会に参加するとよいでしょう。多くの場合、説明会は契約を結ぶ前に必ず参加しなければいけないものになっています。そのため最終的には参加することになるかもしれませんが、より多くの説明会に出ておくことでより詳しくその中身を知ることができるでしょう。

最初から気にいっているフランチャイズがある場合には、そこの説明会に何度も出席して全体像を調べておくことが必要です。他の所と比較をする必要がないならば、1つの会社の契約内容等を深掘りしておいた方がよいかもしれません。

これに対して、1つの所だけでなくいくつかの所と比較をしながら選びたい場合は、それぞれ気に入った会社の説明会に入れておくことが大事です。比較をすることにより、それぞれのよいところや悪いところなどが浮き彫りになってきます。ただし、説明会に出るといっても闇雲に出ない方がよいです。あまりたくさんの説明会に出ても時間ばかりが浪費してしまうため、3社ぐらいに絞り込んでおくのがよいです。

お金をどのように工面するか考えておこう

フランチャイズ契約を結ぶならば、初期費用等のお金を頭に入れておかなければいけません。通常フランチャイズ契約をする時には、権利金等を支払うことが必要です。権利金以外には、店舗を持つときの看板や研修会に参加するときの費用も必要になります。

それ以外では、テナント等も用意しなければいけません。初めから土地と建物を所有している場合はそうではありませんが、どちらもない場合はテナントのレンタルが大きな負担になる可能性もあります。人を雇うことも、頭に入れておかなければいけないでしょう。

これら合計をすると、30,000,000円位かかることがあるわけです。これらのお金を事前に用意できれば問題はありません。しかしながら、すべての人がそれだけのお金を用意して契約するわけではないでしょう。この場合には、お金を借り入れることも大事です。もし、過去に何度か銀行と取引をしている場合には、その銀行からお金を借りる事は不可能ではありません。

もちろんこの時にも、不動産等の担保が必要になるところです。もし、銀行と取引をした事がない場合には、銀行以外のところからお金を借り入れるべきです。具体的には、公庫からお金を借りる方法があります。そこでお金を借り入れるメリットは、不動産担保を必要としないことです。ただし、事業計画書等が必要になるでしょう。

 

これからフランチャイズ契約で不動産売買をする場合、それぞれの特徴をよく比較しておくことが重要です。より詳しく知りたい場合は、説明会に積極的に参加することも大事です。その後、契約前にお金を借りることも考えておかなければいけません。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧