不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

独自開業とフランチャイズではどんな違いがあるの?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/12/20


不動産分野の開業に挑戦したい場合には、「独自開業」と「フランチャイズ」の手法から選ぶことが可能です。では、この2つにはどんな違いがあるでしょうか。この記事では独自開業とフランチャイズのメリット・デメリットについてご紹介します。ご自分に合った経営スタイルを見つけるためにも、ぜひご参考ください。

独自開業のメリットとデメリット

不動産業界で独自開業を行う場合には、2つのメリットがあります。

まず1つ目は「裁量が大きい」という点です。独自開業は資金の調達から出店、ネーミングや求人まで、すべて自分で行うことになります。そのため、自分の求める経営方針を確立できるので個性的な不動産会社を目指すことができます。

2つ目は「資金繰りの自由度が高い」という点です。基本的にフランチャイズを依頼する場合には開業時の資金やロイヤリティ、閉業の際の違約金などフランチャイズ側に支払う資金を用意する必要があります。しかし、独自開業ならフランチャイズ側に支払う資金は一切発生しないので、資金繰りの自由度が高いといえるでしょう。

では、独自開業のデメリットはどのような点でしょうか。デメリットも2つ挙げることができます。

まず1つ目は「開業準備に時間がかかる」点です。とくに不動産業界のみならず、経営が初めての方は資金調達や出店するエリアの選定などもすべて行う必要があり、大変時間がかかります。その間収入が発生しない可能性もあり、赤字状態が長引く可能性があります。

2つ目のデメリットは「集客力が低い」という点です。独自開業は周辺に新店舗が認知されるまで時間がかかり、集客力が低い傾向があります。経営に苦戦している間に周辺の大手不動産会社に顧客を奪われる可能性も高く、マーケティングや広告に継続的に投資を続ける必要があります。

フランチャイズのメリットとデメリット

では、不動産業界でフランチャイズを活用して開業する場合にはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか。まずメリットは2つあります。

1つ目は「スピーディーな開業」です。不動産業界の初心者の方でも挑戦がしやすいように、フランチャイズ側が出店のフルサポートを行っています。資金調達の相談や融資のアドバイスも受けられるので、独自で開業を目指すよりもスピーディーな開業が実現できます。

2つ目のメリットは「サポートが手厚い」点です。初めての独自開業ではわかりにくい開業準備から集客、安定した経営まで手厚いサポートを受けることが可能です。また、フランチャイズによっては経営者・従業員の研修にも力を入れており、人材育成も行うことができます。

しかし、フランチャイズにもデメリットはあります。

1つ目のデメリットは「マニュアル以外のことができない」点です。どうしてもフランチャイズは提供されるマニュアル通りに経営を行う必要があり、マニュアルから逸脱した行ためは違反行ためになってしまいます。知名度の高い看板を預かる側ですから、イメージに反する経営は行えません。

2つ目のデメリットは「ロイヤリティ」です。フランチャイズは企業イメージを丸ごと借りる、権利を借りるのでその分ロイヤリティを支払う必要があります。また、保証金や研修費、加盟金などの名目でフランチャイズ側に支払う費用がかさむ側面があります。

不動産フランチャイズの成功のコツとは

独自開業とフランチャイズにはそれぞれメリット・デメリットがあります。では、不動産業をフランチャイズ経由で開業する場合に、成功のコツはあるのでしょうか。

不動産のフランチャイズにはさまざまな企業があり、加盟店や保証金などの額も異なっています。経営に関し初期投資として用意できる資金の中で、フランチャイズ側に支払う金額があまりに大きいと、初期の段階から資金繰りに悩まされる可能性があります。

フランチャイズを利用する場合には、自己資金の中でどの程度をフランチャイズに支払うべきなのか、じっくりと検討することが重要です。自分の資金にあったフランチャイズを選定することが経営の初期における成功のコツです。

また、不動産分野が未経験者でも挑戦できるフランチャイズは、さまざまなサポートも用意しています。不動産取引の法的なアドバイスや労務管理の教育にも力を入れています。宅地取引や労務管理はトラブルが起きやすい分野なので、しっかりとフランチャイズ側からサポートを受けることが成功のコツです。

しかし、開業を希望するエリア内に同じ看板を持つ不動産会社がすでに開業している場合、出店に制限がある可能性があります。すると、希望のエリアでは出店ができず別のエリアでの開業を模索する必要があります。まずは自分の希望のエリアを定め、適したフランチャイズを探すことがおすすめです。

 

日本には人気の不動産フランチャイズが多数ありますが、人気上位のフランチャイズが必ずしも自分に適したスタイルとは限りません。フランチャイズの中にも個性があるので、複数の資料を必ず確認しましょう。また、自分にあったフランチャイズと独自開業のどちらが向いているのか、じっくり考えてみましょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧