不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買で嫌われやすいFCオーナーとは?ダメなポイントから成功法を見つけよう

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/20

「不動産売買FCに興味があるけど、嫌われやすいFCオーナーはどんな特徴があるの?」という疑問はありませんか?さまざまなノウハウを使って運営できる不動産売買FCですが、嫌われやすいオーナーも存在します。本記事では不動産売買で嫌われやすいFCオーナーの特徴について紹介します。ダメなポイントから成功方法を見つけましょう。

FC本部のアドバイスに耳を貸さない

嫌われやすいFCオーナーとして「本部のアドバイスに耳を貸さない」ことです。FCのビジネスモデルは本部が持っているノウハウやブランドにお金を払ってその権利を得て実施していくものです。本部からの開業の段取り、その他必要な運営ノウハウを教えてもらわないといけません。

また、開業後にも密に連携をとり、売り上げをあげるための施策を一緒に練っていかないといけません。しかし、一番の協力者である本部のアドバイスに耳を貸さずに我流でやってしまうケースもあります。スーパーバイザーが指導してくれることは本来とても心強いことですが、その指導に従わない人が存在するのも事実です。

たとえば、スーパーバイザーがずっと年下だったりすると、話を聞き入れられずに指導内容に反発したくなる人もいます。このようになってしまうとFC本部と良好な関係を保てないだけでなく、経営そのものの悪化まで招いてしまいます。

スーパーバイザーはどんなに若くても経営に関してはプロ。必ずその指導を聞き入れて運営するようにしましょう。本部のアドバイスに耳を貸さず、時間と共に本部と連携を取らなくなり、売上改善の打開策が出すに失敗してしまう人も一定数います。本部との良好なパートナーシップを形成するのが不動産売買FCを成功させる非常に重要なポイントといえるでしょう。

「雇われ」感覚のオーナー

続いて、嫌われやすいFCオーナーの特徴が「雇われ」感覚であることです。大前提として、FC加盟者は本部の部下ではく、加盟契約を結んだビジネスパートナーです。

大手のFCチェーンは過去のデータを蓄積しているため、成功のためのさまざまな環境づくりが最初から用意されていて、「本部の経営指導」、「ノウハウ支援」、「ブランド力」などを活用できるのはFCのメリットですが、いわれた通りのことをすべてすれば上手くいくというわけではありません。

また、店舗の運営やビジネス上の創意工夫を本部任せにして頼りすぎてしまうと、なかなか成功することはできません。FC加盟後にビジネスが上手くいくかは、加盟社次第。本部のサポートを上手に活用してよい関係を築きつつ、経営を軌道に乗せる努力が必要になります。

誰かにどうにかしてもらおうと考えているような経営ではうまくいきません。オーナーはFCについて自分で勉強したり、経営者同士で情報を交換したりと、積極的に経営を学ぶ姿勢を大切にするようにしましょう。

営業が苦手なオーナー

不動産売買で嫌われやすいFCオーナーの特徴として最後にあげられるのは、「営業が苦手」であることです。営業には向き不向きがあります。営業が未経験でもFC本部から営業のノウハウを教えてもらうことはできますが、営業がどうしても苦手という方はいます。

FC加盟オーナーは「断られ続ける新規営業はやりたくないな…」「上手くできる自信がないな…」というのが本音。しかし、FC本部側は「顧客は自分で見つけるもの」「売れなかったらオーナーのせい」と本音では考えています。FCでの営業は多くの場合、本部がテレビやネット広告を打ち出してくれますが、集客が難しい場合は自らも営業して顧客開拓しなければいけません

FCによって宣伝できる資金やサポート体制も変わりますが、営業のすべてを本部に任せておくと失敗しやすくなります。最近ではSNSや口コミサイトなども主流になっていますので、顧客に口コミをしてもらったり、ネットでの広告を多くしたりすることも大切です。

100%営業を成功させる人はいませんし、断られることが多くて落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが営業にはタフさが必要です。断られることを恐れて消極的になっていると、顧客を獲得することはできません。営業には断られても、ネガティブに考えないタフさがタフさ必要になります。

営業も慣れなので、最初は断られて落ち込んでしまう人も多いですが、そのうち、よい意味で慣れていくことで積極的に行動できます。営業が苦手と思っていた方でもオーナーになってから積極的に営業ができるようになる日もたくさんいるので、初めからできないと決めつけるのもよくありません。

営業が必要なFCで開業する場合は自分が、営業が得意か不得意かを自己分析しておくことも必要です。営業がどうしても苦手という方は、顧客を紹介してくれるFCを選ぶのも選択肢の一つです。本部から顧客を紹介してもらえるFCや、営業不要のFCを探してみることもおすすめします。

 

今回は、不動産売買で嫌われやすいFCオーナーの特徴について解説致しました。自分が経営しているといえど、謙虚に本部のアドバイスはしっかりと聞き入れることが大切です。反対に、アドバイスを聞きすぎて何でもいうことを聞くという「雇われ感覚」もよくありません。本部の意見を聞き入れつつ、自分で考えてしっかり営業・経営活動していくことが大切です。嫌われやすいFCオーナーの特徴を反面教師に成功のポイントを掴んでいきましょう。今回は以上となります。最後までありがとうございました。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧