不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

【なぜ失敗した?】不動産売買FCで失敗しないためのヒント

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/14

テレビのCMなどで宣伝されている不動産会社の多くは、フランチャイズ制度を導入していて不動産売買や賃貸の仲介を行なっています。この制度は、不動産会社に加盟金というロイヤリティを支払い知名度のある会社の看板を使わせてもらい営業するという仕組みです。

フランチャイズ制度には多くのメリットがある

加盟者は決められたロイヤリティを本部に支払う事で知名度のあるショップとしての安心感や信頼性を手に入れて営業する事が出来ます。最近の多くの不動産は、レインズなどの業界では共通のネットワークで情報公開されて賃貸や不動産売買されていますので、どこのショップもほぼ同じ物件情報を入手する事が出来ます。

そのため大切なのは利用者がどこのショップを選ぶかという事になり、そうなるとテレビCMなどで全国的に知名度の高いショップ名か信頼性という部分からも有利になります。

まずここが制度を活用する最大のメリットです。ブラント力は集客力につながります。そして初めて不動産売買や賃貸を手掛ける人にとっては、本部より様々な運営の相談やノウハウを教えてもらえますので安心して店舗を始める事も可能です。

多くの利用者は有名ブランドの直営店だと思い利用してくれますので、宣伝する苦労や顧客をコツコツと積み上げていく必要もあまりなく、人通りの多い立地にさえ店があれば安定した収入が見込まれます。

同じ物件情報を持っていれば、ショップのブラント力による集客力があれば不動産売買や賃貸のニーズを獲得できる可能性はとても高まります。そのため本部から入手出来る地域での物価や特性を活かした営業手法も、アドバイスがもらえるのも、周辺の不動産ショップと差別化を図るためにも有利です。

不動産のフランチャイズ制度にはデメリットもある

不動産のフランチャイズ制度には大きなメリットがありますが、誰でも加盟できるという訳ではなく加盟資格や加盟条件などがあります。

まずは不動産の媒介や販売には宅地建物取引業免許が必要であると国の制度で定められています。高額の不動産の媒介や売買には、建築基準法や法令などを確かめてから行なう事によって売主や買主の利益と安全な取引を行なう必要があり、事前に大切な重要事項の説明や契約者に宅地建物取引業の資格者を参加させるシステムです。そのためほとんどのフランチャイズ制度を活用する加盟者にはこの資格を持っている事が望まれます。

そして加盟には加盟金というまとまった費用が必要になってきます。メリットとして加盟店舗の本部より運営のアドバイスやノウハウを教えてもらえる事がありますが、逆に言えば運営方針は全て本部からの指示に従う必要があり、ほとんどの事は自分で自由には出来ないという息苦しさもあります。

周辺の不動産環境の変化やライバルショップの台頭などへの対応も、現場の状況が分かっていても対応は全て本部からの指示に従う事が前提になっています。そのようにフランチャイズのオーナーにとっては物足りなさや歯がゆさを感じるケースが多いのは、最近社会問題になっているコンビニの営業時間の議論などを見ても明白で、不動産のフランチャイズでも同様のデメリットになります。

フランチャイズで失敗しないヒントとは

不動産売買や賃貸のフランチャイズ加盟店は利用者が知らないだけで全国には多数あり、抜群の知名度のある不動産ショップの80%以上は、実はフランチャイズ形態のショップです。すでに街の中で飽和状態になってきているのが現状で、新しく参入するとなれば、やはり失敗しないための事前準備はしっかりしておく必要があります。

すでに街中には多くの有名ブランドのショップがあるので、簡単に有名店のフランチャイズ店をオープンしても、簡単には収益が安定したり順調に業績が伸ばせる保証がない可能性があります。

まずフランチャイズに加盟するためには、宅建業の免許を取得して保証協会や供託する費用などが必要になってきます。次に店を開けるとなれば事務経費や備品などの費用もそこそこの金額がかかり、加盟金や専用PCなどのお金が準備として必要なります。

もうひとつ大切なのは、例えば不動産ショップと言えども多数の会社があって、どこの会社と組むのかを決める事です。それぞれの会社には地域の得意不得意や、周辺の同じフランチャイズ店の店舗状況などもよく調べてから決める事が大切です。

思っていた以上にすでに人気が落ち着いているブランドもあったりして、早まって加盟契約をすると大きな失敗につながる可能性もあります。不動産ショップの知名度と人気とは必ずしも一致していないと考えて、事前に下調べをする事は失敗しないヒントになります。

 

初めて自分で不動産ショップを始めたいと思っている人にとって、有名ブランドのフランチャイズはとても安心できて魅力的に思えてきますが、すでに多数のブラントショップが出店している現状をよく考えて欲しいです。初期投資にはかなりの高額な費用も必要になりますので、事前調査や将来の収支計画を組み立ててから、地域の状況などで会社を決める事が重要です。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧