不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産鑑定士は独立開業しやすい?失敗しないために必要な準備とは

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/06

失敗しないために必要な準備とは

不動産鑑定士は不動産業界における最高峰ともいわれる資格であり、独立開業しやすい職種の1つです。資格取得後に勢いで独立してしまう人も少なくありませんが、開業を成功させるためには充分な事前準備が不可欠です。今回は、不動産鑑定士が独立しやすい理由や開業に向けての事前準備について詳しく解説します。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士は国家資格の1つであり、土地や建物を鑑定・評価する職種です。不動産系の資格では最高峰に位置しており、難易度も非常に高いのが特徴です。不動産鑑定士になるための学習期間は1~2年ほどかかるともいわれており、合格するためには充分な受験対策が必要となります。

不動産鑑定士が独立しやすい理由

一般的に、不動産鑑定士は独立しやすい資格の1つです。ここでは、不動産鑑定士が独立しやすいといわれる理由を3つご紹介します。

資格取得が難しいため

先述のとおり、不動産鑑定士は難易度の高い試験であり、合格者も多くありません。試験内容はマークシートと論文に分かれており、さらに実務研修考査にも合格する必要があります。合格が難しい資格であるため、資格保有者は不動産業界でも重宝される存在となります。

不動産鑑定士にしか行えない業務があるため

不動産の評価は、不動産鑑定士以外の資格保有者では扱えない業務です。今後仕事が少なくなる心配もないため、独立しても安定して案件を獲得しやすいでしょう。

開業にかかる金銭的負担が少ないため

不動産鑑定士は固定費をかけずに独立できることから、金銭面においても独立のハードルは低いといえます。ただし、資格取得後に勢いで開業してしまわず、事前準備やノウハウの獲得を充分に行ってから独立するのが賢明です。

不動産鑑定士が独立開業するためにしておくべき事前準備

不動産鑑定士としての独立開業を成功させるためには、開業前の事前準備が重要です。以下では、独立開業のためにしておくべき事前準備を3つご紹介します。

専門分野を明確にする

不動産鑑定士として成功するには、自分の専門分野を明確にしなければなりません。お客さんから選ばれるサービスとは、適正価格よりも安く提供されるサービスか、適正価格帯であっても何らかの付加価値や魅力があるサービスのどちらかです。

不動産鑑定士として適正価格で案件を獲得し続けるためには、不動産鑑定士以外の保有資格や自身の専門分野などをヒントに、他社との差別化を図ることが必要となります。

集客の筋道を立てる

不動産鑑定士として開業後は、事務所で待っていても案件が舞い込んでくるわけではありません。集客のためには、不動産鑑定士の団体である「日本不動産鑑定士協会連合会」へ加入したり、異業種との交流会に参加したりするなどして、積極的に人脈を広げていくことが重要です。

また、最近ではSNSやホームページを活用することで集客につなげられるケースもあります。開業前に集客の筋道を立てておくことで、スムーズに案件を獲得できるでしょう。

開業後1年分の資金を確保しておく

先述のとおり、不動産鑑定士として案件を獲得するには、人脈を広げることやSNSを活用することなどが有効です。しかし、これらの対策を行ったからといって、必ずしも多くの集客を見込めるわけではありません。

営業が軌道に乗るまでにかかる時間はさまざまですが、多くの場合は6か月以上、長ければ1年ほど経ってやっと自身に充分な能力が身につき、安定的に仕事をもらえるようになるケースが多いです。それまでは収入を得られないことも想定しておき、充分な資金を準備しておきましょう。

不動産鑑定士が独立開業を成功させるためのポイント

不動産鑑定士としての独立開業を成功させるために重視すべきポイントについて詳しく解説します。

開業エリアの選定

不動産鑑定士事務所は都市部に集中している傾向があります。近隣の会社はすでにほかの事務所と付き合いを持っているケースがほとんどであるため、相当なコネクションなどがない限りは、都市部での開業では案件の獲得が難しくなるでしょう。

可能であれば、近くにほかの不動産鑑定士事務者がない場所、競合性が低い場所を開業エリアとすることで、スムーズに集客を行えます。

ターゲットを明確にする

不動産鑑定士の仕事内容は幅広く、不動産の仕入れや評価、不動産投資のコンサルティング、売買・相続などに向けての不動産鑑定など、その内容は多岐にわたります。

また、ターゲットは、住宅建築会社、投資家、一般顧客の大きく3つの層に分類可能です。どんな仕事でも引き受けられる事務所も魅力的ではありますが、スムーズな集客のためにはある程度ターゲットを絞ることも重要です。

ほかの保有資格とも相談しながら、メインターゲットとなる層を明確にしておきましょう。

まとめ

今回は、不動産鑑定士が独立開業しやすいといわれる理由や独立に向けて行うべき事前準備の内容に加え、独立開業を成功させるポイントについても詳しく解説しました。不動産鑑定士は資格の難易度が高いことや独占業務があることなどから、比較的独立しやすい職種であるといわれています。ただし、当然受身の姿勢では集客が見込めないため、専門分野の確立や人脈作り、SNS集客など、案件獲得のための事前準備が重要です。また、開業を成功させるため、事務所を構えるエリアやターゲット層についてもじっくり検討しましょう。不動産鑑定士としての独立開業を考えている人は、今回の記事を参考にしてみてください。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧