不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買FCの月々のランニングコストの費用はどのくらい?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/24

不動産売買のフランチャイズに加盟すると、いろいろな費用が必要になります。加盟する本部により必要な資金は変わりますが、運営をスタートすると毎月のランニングコストも必要です。不動産売買のフランチャイズを開始するため必要な加盟金や保証金はもちろん、人件費や賃貸料、広告費といった運営するのに必要な資金についてご紹介します。

いくらか初期費用が必要になります

不動産売買のチェーン店を開業するにあたって、まず初期費用として加盟金や保証金、資格取得費などさまざまです。とくに加盟金や設備などを含む店舗関連費は大きな割合を占めていて、加盟金や保証金などについて本部によって異なるので確認しましょう。

一般的に不動産売買のチェーン店開業に必要な加盟金として200万円ぐらいです。中には加盟金が0円の本部もありますが、エリアによって金額が違うケースがあります。2店舗以上運営するなら、加盟金が無料になる、安くなる本部もあるので複数店舗経営を考えているなら活用してみることをおすすめします。

店舗関連費は物件取得費や内装工事費、設備費などが含まれていて、自宅で開業するケースもありますが、ある程度大きな規模で経営するなら店舗を準備しなければいけません。店舗規模によりますが物件取得費や工事費、システム導入などを含めると200万円ぐらい準備すると安心です。

保証金は加盟店が売買代金やロイヤリティなどを支払えない場合、前もって本部に対して預ける費用になります。本部に差がありますが、中には保証金0円というところもあり、他の費用が高めになっていないか確認しておきましょう。

資格取得について、不動産の仲介や販売を行うなら宅地建物取引士や宅地建物取引業免許といった資格免許が必要になります。宅地建物取引士の場合、受験料や実務講習費などがかり、宅地建物取引業免許の場合申請手数料として必要になるので準備しておきます。

ロイヤリティなどランニングコストが必要

不動産チェーン店に必要な運営資金としていくつかあり、たとえばランニングコストとして人件費や賃貸料、広告費やWebシステム利用料、ロイヤリティなどが対象です。運用資金において大きな割合になるのが人件費で、業務支援のためWebシステム導入が必要なところもあり、利用料が別途発生かもしれません。

人件費は売上の30~40%と考えられていて、業種により有資格者の人数が定められているので、雇用する数によって人件費がかさむこともあるでしょう。事前にシミュレーションが求められます。

賃貸料について毎月20万円ぐらいが多く、自宅で開業するケースもありますが、ほとんどの人は店舗経営を行っています。賃貸料なども運営資金に含めて考慮しなければいけません。

毎月広告費の支払いがある不動産チェーン本部もあり、目安として月額30万円です。費用に対して販促サポートをどれくらい受けられるのか確認することをおすすめします。

Webシステム利用料も必要で、物件や顧客、業者や契約などを管理するシステム導入が必要なところがあります。毎月10万円などシステム利用料が発生することが多いです。必要な機能があるかセキュリティ体制が確立されているか、システム利用についてサポートを受けることができるか確認することをおすすめします。

チェーン店になるので毎月10~30万円ぐらいのロイヤリティが必要です。固定だったり変動制を採用する本部があり、収益を出せるようになっているか見極めなければいけません。

シミュレーションすると便利です

不動産売買のフランチャイズに加盟するなら、一度シミュレーションしてみることをおすすめします。たとえば1ヵ月あたり売上高が480万円の場合、総粗利益高が400万円とすると480万円(売上高)から80万円(広告費や諸費用)を引きます。店利益が130万円とすると、400万円から270万円(家賃や人件費)引くことになります。

専門的知識や人脈などが必要な不動産業界において、ノウハウ提供や販促サポートなどを利用することが可能です。信頼できる本部であるか見極めるのも重要なポイントで、資料を請求したり説明会に参加したりし複数の本部から検討するとよいでしょう。

不動産売買を開業する際、運営などに必要な資金の目安としては一般的に約1,200万円といわれています。これらの費用は開業資金や運営資金3ヵ月分を合計したものです。中には加盟金やロイヤリティなどのない本部もあるので、店舗や雇用有無によって費用は変わります。

ランニングコストも必要になり、一般的に人件費として480万円、賃貸料60万円や広告費90万円ぐらいを準備しておきましょう。Webシステム利用料やロイヤリティなど、さまざまな項目のコストが必要です。フランチャイズ本部が開催する説明会などに参加すると、実際どれくらいの費用を準備すればよいのかさまざまな具体的なケースを聞くことができるので有益です。

 

不動産チェーン店を開業する場合、開業直後に資金がなくなるとオープンした繁忙期において満足が行くサービスができなかったり、顧客を逃したりするかもしれません。半年〜1年は運営するため資金に関して余裕を持って運営することが望まれます。ランニングコストも必要になるので、事前にシミュレーションしておくと安心です。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧