不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

始める際の参考に!不動産売買FCの開業・運営資金はどれくらい必要?

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/07


不動産を経営している方や今後不動産を起業しようと考えている方にとって、不動産フランチャイズに加盟するかどうかは、大きな悩みの種になっているのではないでしょうか。そんな方のために今回は、不動産事業をフランチャイズで始めることによるメリットとデメリット、そして開業に必要な初期費用と運営に必要な資金について解説していきます。

不動産事業をフランチャイズで始めるメリット・デメリット

まず、不動産事業をフランチャイズで始めることによるメリットやデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。初めにメリットについて3点解説していきます。

まず1つ目に「ネームバリューによる集客力」です。不動産をフランチャイズで開業すると、本部のネームバリューによる集客が大きく期待できます。全国的に知名度の高いフランチャイズ本部の場合であれば、もともと顧客からの信頼度が一定程度蓄積されているため、オーナー経験や実績が十分になかったとしてもある程度の集客が見込めます。

続いて2つ目に「ノウハウ提供による安定経営」です。本部が培った多くのノウハウを利用できることは、不動産フランチャイズに加盟することの大きなメリットです。開業前に不動産の経営に関して本部から研修があるはずですので、その研修から多くのノウハウを学べます。個人的に開業するよりもはるかに安定した経営が期待できるでしょう。

最後に「システムによる業務サポート」です。不動産のビジネスには、物件や顧客、業者、さらに契約の管理など絶えず多くの業務が発生します。そんな時にフランチャイズであれば、本部が管理しているようなWebシステムなどを利用することが可能になっている場合も多く、業務の負担軽減が期待できます。

しかし、残念ながらデメリットも存在しています。2点ご紹介します。

まず1つ目に「出店地域が制限される」ことです。基本的に不動産フランチャイズでは本部が出店地域に制限をかけている場合があります。これは狭い地域に加盟店が密集し、同じ会社内での共食い状態になってしまうことを防ぐためにかけられています。具体的には既存店舗の半径何メートル以内への出店は禁止といったようなものです。そのため、開業したい地域があったとしても必ず出店できる保証はありません。

続いて2つ目に「ロイヤリティが負担になることもある」です。不動産フランチャイズは基本的に本部へのロイヤリティを支払わなくてはいけません。このロイヤリティは本部によって異なりますが、売上金の何割というような場合もあれば、売り上げに関係なく月額固定の場合もあります。そのため売り上げによってはこのロイヤリティが負担になってしまう場合もあるようです。

不動産売買フランチャイズを開業するための初期費用

ここでは、不動産フランチャイズを開業する際に必要となる初期費用に関してご紹介していきます。不動産フランチャイズを開業する際に必要な初期費用額はおよそ510万円ほどだといわれています。この初期費用の内訳としては、本部に支払う加盟金や保証金、店舗関連費、資格・免許取得費、システム導入費などとなっています。

また、「不動産」と言っても本当に多岐にわたり、個人・法人向け、賃貸・売買・管理など非常に多くの業務形態があります。そのため、そのような業務形態によって不動産フランチャイズの開業に必要になってくる費用も異なってきます。業務形態に関しても考慮したうえで、いくらくらい必要になるのか必ず事前に確認するようにしましょう。

不動産売買フランチャイズを運営していくために必要な資金

では続いては不動産フランチャイズを運営していくのに必要となってくる資金についてご紹介していきます。不動産フランチャイズの運営資金は1か月でおよそ720万円にものぼります。この資金には賃貸料や人件費、システム利用料、ロイヤリティなどが含まれています。

しかし、不動産フランチャイズであれば、事業内容にもよりますが自宅や比較的狭いスペースでの開業が可能になります。そのため賃料に関しては比較的抑えることも可能です。また、人件費に関しては資格保有者を雇うような場合は、通常に比べ少々膨らむ可能性が考えられます。

ロイヤリティについては、少し触れましたが月額固定の場合と売り上げの一定割合の場合があります。月額固定の場合であれば月々10~30万円の支払い、売り上げの一定割合の場合は3~6%で設定されていることが一般的になっています。そのほかの諸経費としては物件や顧客、契約情報を管理するWebシステムのシステム利用料金が毎月10万円ほど発生します。毎月必要になる費用に関しても忘れずに事前に確認するようにしましょう。

 

今回は不動産フランチャイズのメリットとデメリット、フランチャイズ開業する際の初期費用、運営の際に必要になる資金に関して解説してきましたが、いかがだったでしょうか。フランチャイズ加盟店になることは大きな本部からメリットを受けられる一方で、一定の制限がかけられてしまうことも事実でした。また、必要となる費用も決して安くはありませんので、事前にしっかりと確認をするようにしましょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧