不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買でフランチャイズ開業するのはこんな人におすすめ

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/04/06


日本では新たに土地・家屋を購入するときや売るときも、基本は不動産会社を頼るものです。以前は個人経営をしている方が多くいましたが、現在では全国展開をしている大手不動産会社とフランチャイズ契約をする方も多くなりました。ここでは、不動産売買でフランチャイズ開業をするメリットと、おすすめの方に焦点を当てて見ていきましょう。

不動産売買会社のフランチャイズ契約とはどんなもの?

2021年1月時点で、全国に計14万件もの不動産売買会社が点在しています。これらの会社では家屋・土地の販売のほか、賃貸物件の契約業務など住まいに関する数多くのお仕事をされているのが特徴です。1990年代前半までは有限会社という個人経営のスタイルが一般的でしたが、この場合は一定範囲のエリアでしかお仕事ができないという制約がありました。

広範囲で業務をするには事業規模を拡大する必要性があり、個人でそれを実現するには大きな資金が必要なものでしょう。2000年初頭から大手不動産会社では、個人経営の不動産売買をされる方を傘下に加えるフランチャイズ方式を採用する動きが強まりました。これに伴い、以前は個人で小規模な不動産売買をしていた方でも、全国区の大手企業の名前を前面に出せるようになり、広域の業務を可能にしたのです。

さらに消費者の間で周知されている有名な企業のグループであることをアピールできるため、信頼も同時に得られるというメリットもあります。フランチャイズ契約なので毎月一定の金額で親会社に契約金を支払う必要があり、経営方針も用意をなさっているマニュアルにそった形で遂行しなくてはいけません。なお、従業員の採用等は親会社が行うので、経営面での負担が軽減されるというよさもあるのが不動産売買のフランチャイズ化になっています。

不動産売買のフランチャイズ化で得られるメリット

インターネットで「不動産売買・フランチャイズ化」というキーワードで検索をすると、数多くの関連項目がヒットします。そのうち、実際に不動産売買のフランチャイズ化を経験した方の体験談や口コミを目にすることもできました。その大半が好意的な記述となっており、個人で運営をするよりも大手企業の傘下に入ることで得られるメリットが非常に大きいことがわかります。

ここでそのメリットの一例を挙げていきましょう。「経営方針をしっかりと示してくれる」「大手の名前で信頼を得やすい」「営業エリアを大きくできた」というものです。フランチャイズの場合、親会社が示している経営方針を守ることが基本になります。グループの一員なので同じ志を持って営業を行わないといけませんが、この方針を自らで見つけだすのは意外と難しいものです。

その点フランチャイズなら既にでき上がっている方針があるので、円滑な営業へと舵を切れることでしょう。大手企業のグループなら、すでに高い知名度があって信頼も得やすいものです。住居や土地は決してお安い買い物ではなく、人生で一度きりの買い物とさえいわれます。

その商品を買う消費者なら、全国区の知名度を有した会社を率先して選ぶものです。開業して間もない場合でも、高い知名度のもとで業務を進められるのも高いメリットといえる点です。営業エリアも大きく、不動産売買業を拡大したいという方にもおすすめできることがわかりました。

フランチャイズ開業はこんな方におすすめ!

不動産売買業をすでにしている方は、親や祖父の代から事業を引き継いでいる方が多い傾向です。土地や家屋といった不動なものを扱うからであり、それらを家族で受け継いで商売をするのが一般的でした。新たに不動産売買業を立ち上げたいという場合、物件や土地の確保からスタートすることになるので、多額の資金が必要となるでしょう。

しかし、迅速に開業へと漕ぎつけられるのがフランチャイズ開業です。業務に必要な土地などは親会社が管理をしているものを販売できるため、自身で用意をする必要はありません。賃貸物件を扱うならアパート・マンションの管理を親会社から引き継ぐのみです。

事業を開業するなら必然的に従業員も必要になり、経営者が人材確保をしないといけません。この事務作業もフランチャイズを実施している企業がしてくれるので、オーナーが自ら動かなくてよいというのも特徴です。開業資金の負担は約400万円が相場で、これを支払うことで営業所の確保から取り扱い物件まで用意をしてくれます。

もしも個人で不動産売買業を1から起業した場合は約6,000万円以上もの資金が必要になりますが、フランチャイズではその1/10以下しか掛からないわけです。つまり、フランチャイズ開業は手元にある開業資金が少ない方におすすめで、人材確保もして欲しいという場合は積極的に加盟をするといいでしょう。

 

以上、不動産売買業のフランチャイズ契約の特徴とおすすめできる方について見ていきました。土地や家屋を販売するには、消費者にとって安心できる材料を持つことが大切です。全国展開を行っている大手企業のフランチャイズなら、その材料が揃っているといえます。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧