不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買フランチャイズのロイヤリティの仕組み

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/04/01

街の中にはさまざまな業種のフランチャイズ店が多くありますが、不動産会社にもフランチャイズシステムを活用した会社は増えてきています。フランチャイズに加盟することでネームバリューのある店舗を開業できるメリットがありますが、加入には費用が必要です。今回は、不動産売買フランチャイズのロイヤリティの仕組みを紹介しましょう。

不動産売買フランチャイズにかかる費用

フランチャイズというと、コンビニエンスストアなどをイメージする方は多いでしょう。フランチャイズシステムは、加盟金(ロイヤリティ)を支払うことにより、知名度の高い店舗の看板を借りることができる仕組みです。

このシステムは不動産業界にも存在し、不動産売買フランチャイズに加盟することで、知名度の高い企業の店舗を開業できます。集客効果と信頼性が得られ、加盟店との横のつながりができるため、常に最新情報や内部の意見を聞けるでしょう。他にも、不動産売買フランチャイズの本部から研修を受けられるためノウハウを得られ、本部のシステムを利用することで業務を効率化するなど、さまざまなメリットがあります。

不動産売買のフランチャイズを始めるためにかかる費用として、ロイヤリティと保証金の2種類の費用は必要となることが一般的です。ロイヤリティは、本部のネームバリューを利用するための費用と位置づけられています。また、保証金は加盟店が本部にロイヤリティを支払えないケースなどに補填するために、あらかじめ本部に納めておく費用なのです。

運営し始めるとさまざまな面で経費がかかるため、資金面には余裕を持って準備をしておく必要があるでしょう。メリットやデメリットなどをきちんと理解した上で開業することも重要です。

不動産売買フランチャイズを利用するメリットとデメリット

不動産売買フランチャイズのロイヤリティの仕組みなどを理解した上で、システムを利用するためにはそれぞれメリットやデメリットを詳しく知ることが欠かせません。

メリットとして、有名店の看板を使用できることが挙げられます。不動産業界において、ネームバリューはビジネスに大きな影響を与える要素です。有名店であれば知名度と実績、信頼性が高いと判断し、安心して利用できると考えている消費者が多いでしょう。

そして次に他の加盟店とのつながりができることですが、どの業種も一般的に経営者は孤独なものだといわれています。しかし、フランチャイズであれば常に他の加盟店の悩みを共有するなど、情報交換を行うことができる機会が増えるのです。

そして本部は定期的に研修を行っているため、不動産についての最新情報や運営についてのノウハウを、無料で受講することが可能でしょう。そして本部が用意した独自システムをそのまま利用できるため、自分でシステム構築を行う必要がなく業務効率化に役立ちます。

デメリットは、システム加盟に必ず加盟料やロイヤリティが発生することです。会社によって費用の額に違いがありますが、少なくとも100万円以上は用意しておく必要があると考えられています。他には希望エリアがあっても、すでに出店している加盟店があれば出店を制限される可能性が高いことが挙げられるでしょう。本部には独自のルールがあり、マニュアルに沿った営業方針を強制されるため、独自の営業方針で運営することはできません。

不動産売買フランチャイズを選ぶ時のポイント

不動産売買フランチャイズの数は多いため、どのシステムに加盟すればスムーズに運営できるのか悩んでいるという方は少なくありません。選ぶ時のポイントとしておさえておくべきなのが、加盟する不動産会社のイメージや本部が使用しているシステム、信頼できる不動産会社かという3つのポイントです。

まず加盟する不動産会社のイメージですが、フランチャイズに加盟するためには、何より利用者に安心感を与えるイメージのよさが求められます。たとえばテレビコマーシャルなどを繰り返し放送しているなど、一般人の目に触れる機会が多い大手の不動産会社なら、利用者も安心して選んでくれるでしょう。

次に本部が使用しているシステムとは、フランチャイズ本部が実際に使用しているITシステムの性能が高いかというポイントです。不動産会社で欠かせないのが物件管理システムをはじめ、その他業務支援ソフトが充実していることでしょう。独自の性能の高いITシステムが導入されていることで、よりスムーズな運用が可能となります。

そして、信頼できる不動産会社かどうかというポイントは、加盟するにあたって信頼できる会社かどうかを重視して選ぶことが求められるでしょう。日本には広告に虚偽の好条件の物件を出して、顧客を来店させるおとり広告と呼ばれる営業手法が存在します。こういった悪質な営業を行っていない信頼性は、重要な要素です。

 

不動産売買フランチャイズは、加盟するために必要となるロイヤリティが存在し、一定の費用負担を行う必要があります。しかし、知名度の高い看板を背負うことで集客効果や信頼性を得られること、最新情報や運営ノウハウ、本部からの研修などさまざまなメリットが得られることから利用者が増えてきているのです。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧