不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買フランチャイズになるには?【審査基準のポイント】を解説

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/14

不動産業で成功するには顧客数を増やしたり、高価格物件を扱うなどの方法があります。一方、顧客から相談しやすい店舗にすることで、売上の大幅な向上が見込めます。そうした店舗づくりに直結するのが、不動産売買フランチャイズというビジネス手法です。当手法は本部企業の加盟店となり、不動産経営に携わるものです。

不動産売買フランチャイズのメリット

不動産売買フランチャイズは本部企業が加盟店に経営ノウハウを提供するシステムです。加えて自社のブランドを使わせることで、加盟店からロイヤリティなどを徴収するのです。

同システムの一番のメリットは不動産業界初心者も参入しやすくなることです。個人が起業するとなると、様々な準備やノウハウが必要となります。行政的な手続きだけで、相当な時間と労力を要するものです。

一方、不動産売買フランチャイズの場合、本部から起業の仕方や事業経営、従業員の募集・管理の方法までサポートが受けられます。何より本部企業が培ってきたネームバリューがあるので、店舗開設時から一定数の顧客を確保できるものです。

また、本部企業は最先端の不動産市場に精通しているので、季節や時期に応じて高い集客力を可能にします。現在ではITやAIによって市場分析がなされており、取引物件の情報収集などに役立てられます。加盟店舗はそうした情報を利用しながら、経営戦略を立てられるメリットがあります。

個人で最新のITシステムを構築するとなれば、相当なコストがかかってしまいます。それに対して加盟店であれば、低コストで導入できるのです。不動産売買フランチャイズに加盟するには、初期費用が必要になります。

初期費用の中には加盟金と保証金が含まれます。加盟金は、研修費用及びネームバリューの使用料といった意味合いがあります。それに対して保証金は、加盟店がロイヤリティを支払えない際の保険のようなものです。

不動産売買フランチャイズの選び方

不動産売買フランチャイズで契約を更新するには広告費やITシステム利用料、ロイヤリティの納入が継続的に必要となります。ロイヤリティに関しては売上に対して課されたり、定額制であったりします。フランチャイズで不動産売買ビジネスを継続するとなれば、月に数十万円から数百万円のコストがかかることになります。

近年、個人経営の不動産業は苦戦を強いられています。不動産売買の選択肢は豊富に存在しており、ネットには情報が溢れています。加えて世の中は少子化の流れにあり、持ち家の需要が賃貸に移っているのも事実です。その中で個人不動産会社が、大手不動産企業と競うのは難しい面があります。加えて不動産購入者や賃貸利用者は、知名度で業者を選ぶ傾向があります。

さらに、昨今の不動産ビジネスには、リフォーム事業を含めた多角経営が求められます。個人経営が多角経営に乗り出すのは、かなりのリスクが伴うものです。そうしたリスクを回避するためにも、多くの不動産会社がフランチャイズに加盟しているのです。フランチャイズ不動産会社を選ぶポイントとしてはブランドイメージを重視することが大切です。

また、本部が提供するITシステムも重要な要素です。特にITシステムに関しては、スペックの高さがモノを言います。物件情報が見やすく掲載されていたり、SNSとの連動性が高いシステムが良いと言えます。

不動産売買フランチャイズの審査基準

不動産売買フランチャイズの加盟店になるには、様々な審査基準を満たす必要があります。その第一条件となるのが開業資金を調達できるかどうかです。現金が直ぐに調達できない場合は、銀行等の融資審査をクリアしていることがポイントになります。資金力があることが、加盟希望者の信頼性の証となります。

またフランチャイズ契約を締結する前には、個別面談が実施されます。本部企業からはベテランの担当者が派遣され、加盟依頼者が適切な人物かどうか審査されます。当面談では信頼関係を築くことがポイントとなり、加盟依頼者は誠心誠意を持って臨むことが大事です。不動産業は顧客相手のビジネスなので、信頼性が最も肝心な要素となるわけです。

なお、面談の際に虚飾的な行動を行うと、後々のトラブルの要因になり得ます。それゆえ、家庭事情を含めて正直に申告する必要があります。本部企業にとっては、加盟店が企業ブランドの顔になるわけです。

そのため、信頼のおける経営者でないと加盟を許可しないものです。加えて、不動産売買フランチャイズでは不動産事業に必要な資格などの有無も重要な審査基準となります。宅地建物取引士をはじめ、不動産コンサルティング技能士やファイナンシャルプランナー等の有資格者が優遇されます。逆に不動産関連の資格が全くないと、その時点で審査に通らない可能性が高くなります。

 

不動産売買フランチャイズの加盟店になるには審査基準を満たす必要があります。開業資金をはじめ、加盟金やロイヤリティを支払える資金力が大事です。個別面談では経営者の信頼性が審査されます。また、不動産関連の資格も大事な要素です。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧